4,980円コース

コロリーでの脱毛前後の予防接種について

コロリーのホームページでは予防接種のことがかいていなかったため、グループ店であるミュゼプラチナムを参考に説明していきます!

ミュゼプラチナムの場合

同じグループの脱毛サロンであるミュゼプラチナムの会員カードには「下記の場合のお手入れをお断わりさせていただいております。」という記載があるのですが、予防接種についても記載があります。

 

10日前後に予防接種の予定がある方(インフルエンザなど)

ミュゼプラチナムでは、10日前後に予防接種の予定がある場合の脱毛はお断りされてしまうようです。

  • 予防接種を受ける予定日の10日前後には脱毛の予約を入れない
  • 脱毛の予約をした日の10日前後には予防接種を受けない

この2つに気を付けていれば大丈夫です。

予防接種の前後に脱毛できない理由とは?

ワクチンの接種をするとカラダは抗体を生成するために働きます。

 

自分では元気だ健康だと思っていても、ワクチンを接種した後は普段以上に体調に気を付ける必要があります。

 

ワクチンを接種した後、何だかカラダが怠いな、微熱が出てしまった、などの体調の変化がある場合にはとくに注意しなければなりません。

 

肌のバリア機能が低下します

ワクチンの接種をした後、カラダが抗体を生成している間は、肌のバリア機能が低下します。
肌が乾燥しやすくなったり、肌が敏感になってしまったり、肌トラブルが起こりやすくなります。

 

肌に異常が起こる可能性があります

肌のバリア機能が低下しているときに脱毛の施術を受けると

  • 肌が赤くなる
  • 肌が赤くなり腫れる
  • 肌がピリピリと痛む
  • 肌が痒くなる
  • 脱毛の施術を受けているときに強い痛みを感じる

など肌が炎症を引きこしたり何等かの肌トラブルが起こってしまう可能性があります。

トラブルに対処できない可能性があります

もし、何等かの肌トラブルや肌に炎症が起きてしまった場合、その対処や処置をすることができない可能性があります。
医療機関での脱毛の施術の際の肌トラブルや炎症であれば、医師による治療や処置が可能なのですが、脱毛サロンのスタッフは医師ではありませんし看護師でもありません。

トラブルに巻き込まれてしまわないために

もし、予防接種によって肌のバリア機能が低下しているときに脱毛の施術を受けてしまい、肌に炎症が起き、その炎症が悪化してしまった場合、皮膚科などの医療機関で治療を受けなければならなくなってしまう可能性があります。
もちろん医療費は自己負担ですよね。
炎症がひどく、肌に傷跡が残ってしまう可能性だって考えられます。
予防接種の前後は脱毛の施術を受けないようにしましょう。

全身脱毛サロン コロリーの無料カウンセリング予約方法

1.まずは以下の画像をクリックしてください

コロリー【月額】

2.以下のような画面がでるので「無料カウンセリングはこちら」をクリック

コロリー 案内

3.以下のような画面がでたら地域と行きたい店舗を選択

コロリー 案内

4.合わせて住所を入力後、「確認画面へ」をクリック

コロリー 案内

5.最後に「送信する」をクリック

コロリー 案内

6.予約完了!あとは連絡を待つのみです

コロリー 案内